美肌マジック 美肌になるには、簡単な小さなことをするかしないかで確定します。テーマは「美肌になれる」、いますぐできる小さなことが満載!
  • シリコン入りとノンシリコンの違い

    CMなどでノンシリコンシャンプーを見かける機会も多くなりました。人気も高くなり、様々なノンシリコンシャンプーが販売されています。シンプリッチも話題のシリコンシャンプーになります。

     

    ノンシリコンシャンプーとはどのようなシャンプーのことをいうのでしょうか?

    シンプリッチなどのシリコンを含まないシャンプーをノンシリコンシャンプーというのです。

     

    なぜ、ノンシリコンシャンプーが誕生したのでしょうか?

     

    まず、シリコンの働きについて説明しましょう。シリコンは元々、髪の指通りをよくし、髪の毛通しが絡まないようにするために添加してあるものです。シリコンが髪の毛一本一本を包み込むことで指通りをなめらかにするのです。

     

    しかし、シリコン入りのシャンプー、リンスをきちんと流さなかった場合、洗い残しのシリコンが毛穴をつまらせ、湿疹、かゆみなどの頭皮トラブルの原因、抜け毛の原因になると言われています。髪の毛を包み込んでいるシリコンが剥がれるときにキューティクルまでも一緒にはがしてしまう可能性があることも指摘されています。

     

    一方、シリコンのマイナス面の捉え方は諸説あります。

     

    大手スキンケア製品の会社ではシャンプー、リンスの洗い残しではシリコンは頭皮や髪に悪影響を及ばなさいとしています。

    例え、毛穴にその成分が残っていたとしても、次に髪を洗うときにきれいに流れるというのです。このメーカーはシリコンがもたらす髪への悪影響はないという立場を取っています。

     

    他のメーカーは、シリコン、ノンシリコンのいずれも販売しています。このメーカーはシリコンがすばらしいものである。または、悪影響をあたえるものであるというどちらかの立場をとっていません。

     

    一般的に、シリコン入りのシャンプーのほうが洗浄力は高いと言われます。汚れの良く落ちるシャンプーは髪自身の油分も一緒に落とすことが多いです。そうすると。指通りが悪くなり、絡みやすくなっていまします。このマイナス点を解消するために、シリコンを添加しているのです。

     

    対して、ノンシリコンシャンプーの洗浄力はシリコンシャンプーより劣ると言われます。洗浄力を穏やかなものにすると、髪自身の油分までも流されることはなく指通りもよいので、シリコンを添加する必要がなくなるのです。シンプリッチもこの考えのもとに作られています。

     

    人の髪質はそれぞれです。頭皮がベタベタしがちで、髪の油分が多く、ペタンコになりがちな人は、洗浄力の穏やかなシンプリッチよりも洗浄力の高いシリコンシャンプーのほうがよいかもしれません。

     

    また、髪の油分は多くなく、頭皮もさほどベタベタしない人は、皮膚に優しいシンプリッチのようなノンシリコンシャンプーがよいでしょう。穏やかな洗浄力で適度な油分を保ってくれるでしょう。

     

    このように、シャンプーに何を求めるかで、シリコン入りシャンプーにするのか、ノンシリコンシャンプーにするか判断の基準になります。どちらのシャンプーにするかは自分の頭皮のコンディション、髪の毛の状態をよく見てからにしてください。

    Published on 1月 11, 2014 · Filed under: 拭き取り; Tagged as: , ,
    コメントは受け付けていません。

Comments are closed.